【思考と感情のマネジメント世界を幸せにする】

・思考:考えること。考え。

・感情:1.気持。心持。2.快・不快を主とする意識のもっとも主観的な側面

・マネジメント:1.経営などの管理をすること。2.経営者。管理者。

・経営:1.事業を営むこと。また、その運営のための仕組み。2.規模を定め、工夫をこらして物事を行うこと。

英訳:management

Oxford Languagesではこのように定義されています。

 

・わたしたち人間の何かをする際の過程は、「思考→行動→結果」の順で行われていると考えています。

文字ですと、階層が並列になってしますので

 

「思考」


「行動」


「結果」


 

の順で行われています。

一番初めが思考であることから、結果を変えたいとした場合に、上位階層の思考や行動を変えることで結果も変わってきます。

感情はこの過程のどこにでも現れます。

思考を巡らせようとするとき、思考を巡らせたとき、思考を決定する際、

行動をする前、行動している際、行動した後(結果)、

結果に対しての感情。など何かが起きる、感じる際の「反射的な反応」という方もいらっしゃいます。

 


今よりも、何かを目指したい。

よくしていきたい。

上手くなりたい。

結果を出したい。

変えたい。

成長したい。

と思ったとき。


「思考と感情」この2つを目的にとって適切にマネジメントすることで、理想の状態に近づく。

世界を幸せにできると、強く思っています。

JAPAN COACHING LAB.代表 赤神 暸