4要素の高め方 心・メンタル編 #011

 

こんにちは。

『思考と感情のマネジメントで世界に貢献する』

JAPAN COACHING LAB.代表の赤神暸です。

今回は#011「4要素の高め方 心・メンタル」お届けしていきます。

 

前回#010で成長のために必要な4要素についてお届けしました。

「心」「技」「体」「生活」の4つ。心・メンタル編

 

対 自分自身の成長や取り組みに対して、考えること、策を講じること、思案することは、


・セルフマネジメント

self management:自己管理

 

・セルフコーチング
(self coaching):自己促進 ※独自の定義

※コーチングについて詳しい説明は別の機会でお届けさせて頂きます。


 

という言葉を用いることができます。

では、心をどのように高めていくのか。にあたり、

そもそもメンタルって何なのか?を知っておく必要があります。

株式会社トーヨーフィジカル 心理的競技能力診断検査というものでは12個に分けられています。

https://www.toyophysical.co.jp/dipca.htm

 


<12個詳細>

・忍耐力・闘争心・自己実現意欲・勝利意欲

・自己コントロール能力・リラックス能力・集中力

・自信・決断力

・予測力・判断力

・協調性


各20点満点で最高得点240点で、評価することが可能です。

実際の指導、サポートでは、まず現在地の把握や傾向を捉える材料として実施しています。

 

このブログの場では、そうもいきませんので、3つの質問を用意しました。

12個の要素の中から①〜③の質問に答えてみてください。直感でOKです。紙に書き出して、みてください。


<質問>

①ご自身が、どの要素が高そうか。2つ予想する。

②どの要素が、低いそうか。2つ予想する。

③第3者の方にあなた自身の①、②を予想してもらう。


少し行間を開けるので、取り組まれてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書き出していただいたものの意図は


①あなた自身が長所・強み・得意だと思っている、感じられているもの

②あなた自身が弱み・苦手・短所だと思っている、感じられているもの

③あなたを他の方から見ての客観的な視点


を表している可能性が高いです。実際に評価シートを実施していただくと

 

「自分が思っている通り」という方もいらっしゃれば

「自分の思っているのと違った」という方もいらっしゃいます。

良し悪しではなく、そこであなた自身の傾向を掴む材料となります。

 

私自身も、自分自身のことがよくわからず、いろんな方に聞いてまわったり、評価方法も試せるものは試してきました。

「自分のことは自分がよくわかっていない」ことがあるあるなのです。

 

「自分の長所や強み・得意・好きなこと」で勝負をするのと

「あなた自身が弱み・苦手・短所・嫌いなこと」で勝負するのでは、どちらが良さそうか。

説明する必要もなく、皆さんも同じ思い、答えのことと思います。

 

ですが「自分のことは自分がよくわかっていない」+「あなた自身が弱み・苦手・短所・嫌いなこと」で

勝負している方が多くいらっしゃるのが、私自身も含めた体幹として多いように感じています。

 

だからこそ、「自分自身のことを知った上で」どの要素を、どのように高めていくのか。が大切です。

セルフマネジメント、セルフコーチングをすることで各要素を高めていくことで、成長、目標達成に繋がっていきます

 

 

いかがでしたでしょうか。

これまでお届けした理想を描いてから、

この心・メンタルをどのように高めていくのか。

現状を知り、どの要素を、どのように高めていくか。

ここがコーチ、コンサルタントとして本領発揮のしどころだと感じています。

 

 

 

 

今日もよい1日に。

また次回お会いしましょう!!

関連記事

  1. パクるチカラ #008

  2. モチベーションの正体 #004

  3. コーチングの正体 #012

  4. 時間の解釈 #009

  5. 成長の4要素 #010

  6. 関連づけ #007

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。