思考の軸 理念 #006

 

こんにちは。

『思考と感情のマネジメントで世界に貢献する』

JAPAN COACHING LAB.代表の赤神暸です。

#006今回は理念についてです。

 

JAPAN COACHING LAB.のコーチング、コンサルティングサポートでは

的確な対応や行動が取りやすくなる軸として重要な役割を担う「理念」

この理念の策定をオススメしています。

 

理念と聞いてどんなイメージをお持ちでしょうか?

堅苦しい?

よくわからない。

会社にあるもの。

アルバイトで読んだ。

就職活動で見るようになった。

上司が大切にしている

作る側の立場だった、などなど

人によって理念と出会い、関わりが異なるのでイメージもその分あることと思います。

お馴染みの言葉の意味、定義から揃えていきましょう。

 


 

理念 りねん

  1. ものの原型として考えられる、不変の完全な存在。イデー。イデア
  2. 事業・計画などの根底にある根本的な考え

 


 

今回も、ものの原型、根本的な考えということです。

前回の#005で、思考の軸が決まっていると

迷うことが少なく、選択することに体力、エネルギーを集中することができるのでストレス対策になるとお届けしました。

あるのとないのでは、雲泥の差があるということ。

 

組織、チーム、個人、においても、

何を大切にしているのか。

なんのために、活動しているのか。を明文化(文字化)しておくことです。

文字にすることでのメリットは

・誰が見てもわかること、

・共通言語として個人、組織で認識できる

・評価基準ができる、示せること

 

 

文字にすることでのデメリットは

・決めるまでに時間を要すること

・決めることが難しいこと

 

が多く当てはまります。

 

具体的な決め方は3つのステップです。

 


 

付箋を使用し

①、自分が大切にしていることを書き出せるだけ書き出す(目安は10個〜100個)

②、①で書き出した内容を元に、より細かくしていく又は大きくしていく

③、それぞれの内容、まとめる

 


 

このステップで、思考の軸を決めていきましょう。

1回作成して、生活をしていると、新たな気づきや、思考、感情が出てきます。

要所となる時期や、タイミングで

2回、3回、4回、5回と更新、アップデートを続けていくことでより、オリジナルな

自分にしかない。組織にしかない。思考の軸が出来上がっていきます。

 

いかがでしたでしょうか?

 

思考の軸、理念を作成してみてください。

 

 

 

今日もよい1日に。

また次回お会いしましょう!!

 

関連記事

  1. コーチングの正体 #012

  2. 4要素の高め方 心・メンタル編 #011

  3. 関連づけ #007

  4. モチベーションの正体 #004

  5. モチベーションとテンションの違い #005

  6. 成長の4要素 #010

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。