パクるチカラ #008

こんにちは。

『思考と感情のマネジメントで世界に貢献する』

JAPAN COACHING LAB.代表の赤神暸です。

#008今回はパクる力にについてです。

 

目標を決めるにあったって、「目標がない」「今は思いつかない」と言う方がいらっしゃいます。

安心してください。

 


マーケティングリサーチを行うマクロミルが2020年成人式の参加対象になる男女系500人を対象に実施した調査

「2020年 新成人に関する調査」によると、「将来の夢があるか」という質問に対して「ある」と答えたのは、58.2% でした。

一方で、「今のところない」「わからない」と回答した人は41.8% 。

 

将来の夢が「ある」と回答した割合の推移

 

 

 

https://honote.macromill.com/report/20171228/ より拝借

 


この調査によれば、成人であっても約半数の人は、「ない」「わからない」という結果が出ています。

2018年の過去同様の調査においても概ね、半数の成人は「目標を持っていない」「わからない」という回答であったようです。

多くの場合、目標設定の仕方、方法を知らない。かくいう私自身もその1人でした。

学校では習うことのない、目標設定方法、どのように取り組むのか。ということ。

 

そのような時は、「理想とする人」「見本としている人」「尊敬できる人」をイメージします。

これらも出でこないと言う方は、「自分が好ましい人」「自分が気になっている人」でもOKです。

 

イメージした人の「思考や大切にしていること、価値観」などの見えにくい部分と

イメージした人の「言葉や姿勢、態度」などの見える部分を真似をすることです。

 

スポーツであれば「練習内容や、1日の過ごし方、身体、自分との向き合い方」などがあげられます。

 

「成長したい!」「変化をしたい!」「今よりもよくなりたい」と思った時に大きな原理原則があります。

【 今までと同じ、行動では難しい 】と言うことです。

 

 


天才物理学者:アインシュタインもこのように言っています。

Insanity is doing the same thing over and over and expecting different results.

狂気とは、同じ事を繰り返しながら、異なる結果を期待することである。


 

理念もあります、思考→行動→結果の流れを変えていく、アップデートしていくことです。

 

パクる力を高めるためにも3ステップです。

 


ステップ1

それぞれイメージした人の、要素をリストアップする。

ステップ2

自分との違いをできる限り明らかにする。できるものを明確にする

ステップ3

行動に移していく。真似していくこと


 

いかがでしたでしょうか。

パクる力を高めていくことで「目標とする形」「理想とする形」に近づいていきます。

まずは可能であれば、イメージとなる人を設定していきましょう。

 

次回は「時間の原則」についてお届けしていきます。

 

 

 

今日もよい1日に。

また次回お会いしましょう!!

関連記事

  1. 思考の軸 理念 #006

  2. コーチングの正体 #012

  3. 関連づけ #007

  4. モチベーションとテンションの違い #005

  5. 4要素の高め方 心・メンタル編 #011

  6. 成長の4要素 #010

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。