コーチングの正体 #012

 

こんにちは。

『思考と感情のマネジメントで世界に貢献する』

JAPAN COACHING LAB.代表の赤神暸です。

 

今回は#012「コーチングの正体」について。

前回の#011に少し登場したコーチング。簡易的な説明に留めたのでじっくりとお届けしていきます。

 

 

まず言葉合わせからいきましょう!


コーチ/coach。コーチの語源は、ハンガリーの町の名「Kocs」に由来する。

「Kocs」で四輪馬車が最初に造られたことから、町の名にちなみ「kocsi」と呼ばれ、「kocsi」が英語に入って「coach」となった。指導者は「学習者を運ぶ道具」と比喩されたことから、馬車を意味する「コーチ」が学業やスポーツの指導者を意味するようになり、19世紀には学生の俗語で「家庭教師」も指すようになった。日本では明治時代から、主にスポーツの指導者の意味で「コーチ」の語が広まった。現代では、乗り物に馬車を使うことが減ったことから、欧米では鉄道の普通客車やバスなど、馬車に替わる乗り物を「コーチ」と呼んでいる。

バッグのブランド「COACH」の名前の由来は定かではないが、「大切な物を送り届ける」という意味で馬車を語源とする説が定説となっている。※語源由来辞典より引用   https://gogen-yurai.jp/coach/


 

 

 

今日もよい1日に。

また次回お会いしましょう!!

関連記事

  1. パクるチカラ #008

  2. 思考の軸 理念 #006

  3. 成長の4要素 #010

  4. 関連づけ #007

  5. モチベーションとテンションの違い #005

  6. 4要素の高め方 心・メンタル編 #011

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。