「自己表現力の高め方 #028

 

 

こんにちは。

『思考と感情のマネジメントで世界に貢献する』

JAPAN COACHING LAB.代表の赤神暸です。

今回は#028「自己表現力の高め方」についてお届けしていきます。

 

まずはお決まりの言葉合わせから。

 


表現とは

心に思うこと、感ずることを、色・音・言語・所作などの形によって、表し出すこと。その、表した形。

※Oxford Languageより


絵画やアート、音楽、言葉、文字、動き、などもからも表現を感じ取れますね。

 

 

原田メソッドの定義では


・感銘を受けた言葉は積極的に取り入れる

・新しく知ったことは自分の思いをのせて伝える


とされています。

 

「自己表現力」を高める上で重要なことは

「言葉」です。

 

どんな言葉を知っているか。

どんな言葉を使っているのか。

どんな言葉を使っていないのか。

どんな言葉は知らないのか。

 

 

赤神が実践した上でおすすめの方法は5つです。

 

①書籍を読むこと

②映画を見ること

③美術館にいくこと

④新しい環境を体感すること

⑤人と話すこと

 

一つずつ説明していきますね。


①書籍を読むこと

いくつか調査結果が出ていますが、社会人で月に1冊読む人は2冊程度。

2冊と10冊では、それだけ文字に触れる回数も違いますし

ジャンルも変われば、もちろん、表現やワードも変わりますよね。


 

②映画を見ること

読書が苦手な方は、映画や動画、アニメなどから

言葉を抽出していくことで表現力が高まります。


 

③美術館にいくこと

美術館やいわゆるアートに触れることで、歴史や技法

自分がどう思い、どう感じるのか。感性を磨くことができます。


 

④新しい環境を体感すること

表現力ということにフォーカスすると演劇、ミュージカルや

オーケストラ、コンサートなど、

実際の新しい環境を体感することによって、

自分の言葉で表現することができるようになります。


 

⑤人と話すこと

①〜④を相手に伝わりやすいように話すことや

相手を引き込むように話すなど、キーワードが大切になってきます。

アウトプットすることで自分自身の表現や感性も磨かれていきます。

 


 

いかがでしたでしょうか?

 

いかに言葉を使いこなせるか。

5つの要素をお届けしました。

言葉を使いこなして、自己表現力を

高めていきましょう!

 

 

 

 

今日もよい1日に。

また次回お会いしましょう!!

関連記事

  1. 「行動力の高め方」#022

  2. 4要素の高め方 生活・ライフスキル編 #016

  3. 思考力の高め方 #018

  4. 「イメージ力の高め方」#021

  5. 「実践力の高め方」 #027

  6. 「自己分析力の高め方」#020

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。