「準備力の高め方」#019

 

こんにちは。

『思考と感情のマネジメントで世界に貢献する』

JAPAN COACHING LAB.代表の赤神暸です。

今回は#019「準備力の高め方」についてお届けしていきます。

 

前回の思考力の3つの要素、一つ目!

準備力についてです。

 

準備、準備って、そもそもどういうことなのか。。。と思われていても心配ありません。

 

まず言葉の意味あわせから、参りましょう。


 

ある事にすぐ取りかかれる状態にすること。用意。したく。

 


 

原田メソッドの定義では「スケジュール・重要事項の把握すること」「未来の問題を予測し対策する」とされています。

普段のお仕事、日常生活、スポーツ、趣味、などなど、あらゆる活動に「時間」というカウントダウンがついている中で

大事なことは「準備」です。

 

何か大切なプレゼンがある、公式戦がある、来客がある、学びにいく、旅行にいく

その時、その当日、期日を迎えるにあたって、その日のパフォーマンス、出来高、納得感を決めるのは

 

「その時」までの「準備」で決まります。

大切なのはそれまでの「準備」です。

 

多くの人、多くの選手は、「その時」に起こること、起こったことに臨機応変に対応することを考えがちです。。。

それで撃沈する。うまくいかなかったと凹んでしまう人を多く見てきました。

これらはそもそも頑張る時間、エネルギーを費やす、時間、労力を費やすポイントがぼやけてしまっています。

 

その大切なのはそれまでの「準備」

何を、どれくらい、積んできたのか、費やしてきたのかです。

これまでの時間の解釈や、時間の原則をフルに使いつつ、何を、どれぐらい準備できているのか。

 

これが勝負の分かれ目、

成功か失敗か、明暗を分けるところです。

 

準備力の大切さをお届けできたところで、どのようにして高めるのか?ですが。

これは、「予測」です


 
将来の出来事や有様を何らかの根拠に立って推し測ること。その内容。

 


 

根拠や経験や情報を使用して、イメージをするとも言えると思います。

日常の場面やお仕事の場面では「1秒先2秒先3秒先の未来を読む」ことが予測です。

 

この後、どうなるかな?、どんな流れになるかな?

どんな方向性になるかな?読むことで準備力が高まっていきます。

 

これもトレーニングなので、外れることを恐れずに予測してみることから始めてみてください。

 

 

いかがでしたでしょうか?

準備力、1秒先2秒先3秒先の未来を読む力が必要になってきます。

思考力1つ目の要素。準備力心がけていきましょう。

 

 

 

今日もよい1日に。

また次回お会いしましょう!!

 

関連記事

  1. 思考力の高め方 #018

  2. 「課題発見力の高め方」#023

  3. 4要素の高め方 生活・ライフスキル編 #016

  4. 「自己表現力の高め方 #028

  5. 「行動力の高め方」#022

  6. 「ブリッジング力の高め方」 #029

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。